首のシワを防ぐ3つの方法と首のスキンケアについて

首のシワを防ぐ3つの方法と首のスキンケアについて

年齢と共に目立ってくる首元のシワやたるみ、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

年齢が出やすいと言われる首元のシワ、今回は未然に防ぐ方法と首周りのスキンケアについてご紹介します。
まず、なぜ首にシワができるのかを知っておきましょう。

 

 

意外と知られていませんが、首の皮膚は顔の皮膚よりも薄いことをご存知でしたか。皮膚が薄い上に動作の多い部位、年齢と共にシワが出てくるのは当然の事なのです。かと言って首を動かさない生活はできません。しかし、日常生活の中で首のシワになりやすい動作を制限することはできます。

 

 

首にシワを作りやすい一番の原因が、寝る時の枕の高さです。就寝中は長時間同じ姿勢になりますので、首にシワを寄せた状態で眠るとシワはどんどん深く刻まれてしまいます。枕は高すぎるものは絶対にNG、低すぎるものも首の負担になります。

 

 

手鏡を片手に一度じっくり横になって、自分にとって最適な枕の高さを調節してみましょう。自分にとって良い高さになるならば、枕でなくとも丸めたバスタオルでも構いません。寝る時の姿勢が変わるとシワは大きく改善します。
次にスマートフォンやパソコンに向かっている時、ついつい猫背になってしまいませんか。猫背になってみるとすぐにわかると思いますが、首にシワが寄っていると思います。特にスマホは夢中になると長時間同じ姿勢になりがちです。自宅だけでなく、会社や移動の電車内でも気を付けるようにしましょう。

 

 

三つ目に、首元にもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。シワを作り出す原因は主に加齢と紫外線、乾燥などです。顔にはしっかりと日焼け止めを塗っていても首には塗っていなかったり、顔の日焼け止めの残りを軽く載せるだけ、という方も多いのではないでしょうか。首やデコルテにもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。もちろん夏だけでなく一年中です。

 

 

四つ目は首元のスキンケアについてです。日焼け止め同様、顔に残ったクリームを首周りに伸ばして終わりにしていませんか。皮膚を乾燥させたままの状態が続くと、小じわも深いシワとなって目立つようになっていきます。首もしっかり保湿し、時には首のリンパを流すマッサージをして老廃物を溜めこまないようにしましょう。

 

 

毎日のちょっとしたひと手間、心がけで将来の首のシワの深さが決まると言っても過言ではありません。顔のケアだけでなく、首のスキンケアにも力を入れてみて下さい。首がスッと美しいだけでとても若く見えますよ。