美肌は日々の基本的なスキンケアを徹底することが大切

美肌は日々の基本的なスキンケアを徹底することが大切

美肌はどの年代の女性にとっても手に入れたいものですが、日々のスキンケアが密接に関係しています。

 

 

もし毎日怠らずにケアをしていたり、高級なコスメを使っているのにあまり美肌を実感出来ていないと感じているのであれば、その方法が間違っている可能性があります。

 

 

まず洗顔は洗顔料を泡立てネットなどを使い必ずしっかりと泡立ててから擦らないように注意します。洗顔というと毛穴の汚れや皮脂をしっかり取ろうとして手で擦ってしまいがちですが、泡で優しく包み込むように滑らせるだけで十分です。更に洗い流すときは30〜35度程度のぬるま湯で優しく時間を掛けて洗い流します。顔を拭くときも摩擦で肌を痛めないようにそっと水分を拭き取って下さい。

 

また洗顔後はいかに早く化粧水を付けるかも大切です。化粧水を手に取り人肌で温めてから肌の奥まで浸透させるように手のひらで包み込んで下さい。こうすることで表面だけでなくしっかりと肌を保湿することが出来、肌荒れの原因になる乾燥を避けることが出来ます。
この後はご自身のお好きな美容液などを使って頂きますが、土台がしっかりしているからこそこうした美容液の効果を最大限に活かすことが出来ます。

 

そして最後にクリームや乳液を付けて肌に蓋をすることを忘れてはいけません。蓋をしないとせっかく保湿した肌もどんどん乾燥していってしまい、肌荒れにつながったり無駄な皮脂が出てしまいテカりにも繋がります。

 

クリームなどを付けてしまうせいでテカってしまったり皮脂でベタベタすると勘違いしている方もいますが、しっかりと保湿をして健康的な肌であれば皮脂を出す必要がないのでテカりから解放されますし、ベタつくこともありません。

 

そしてシミやシワの原因となる日焼けから肌を守るためには日焼け止めは必須ですが、付けるタイミングが非常に大切です。例えば日焼け止めを付けてすぐ陽に当たると、日焼け止めの効果を最大限に発揮できず日焼けしてしまっている可能性があります。
日焼け止めは付けてから15分後にしっかりと効果を発揮するため、出掛ける直前に塗って出掛けてしまうと気付かないうちに日焼けしてしまうため注意が必要です。
また夏場ですと汗で日焼け止めが流れてしまうため、適度に塗り直すことも大切です。

 

美肌を目指すためにも、こうした日々の基本的なスキンケアを徹底することが大切です。