40代の目元のしわは毎日の行動を意識することで改善

40代の目元のしわは毎日の行動を意識することで改善

しわ

 

目元のしわで悩んでいる人は非常に多いです。

 

特に、40代になると、目元のしわが急に目立つようになったと感じることもあるようです。それには、自分でもはっきりとした原因が思いつかない場合と、思い当たる原因があるケースが見られます。自分では、何が原因となって、しわが目立つようになってきたのか、わからない場合には、普段の生活習慣をくわしく思い返してみることが有効といえます。

 

参考:すっぽん小町の口コミと効果の違い

 

40代の目元のしわは毎日の行動を意識することで改善できます

 

通常のお肌のお手入れの仕方や洗顔方法に問題がないか、チェックしてみるのです。なかでも、洗顔は、自分でも気が付かないうちに、肌にダメージを与えていることが多いものです。温度が高いお湯で洗っていたり、肌を擦りすぎていたり、特に、アイメイクを落とすために、目の周りを擦ってクレンジングしているような場合は要注意です。目元の皮膚の薄さは、顔の他の部分に比べると、非常に薄くなっています。ティッシュ一枚分ほどの薄さと考えておいた方がよいでしょう。そのため、他の部分と比べても、さらに力が入りすぎないように気を付ける必要があります。

 

また、目元のしわが気になってくると、クリームなどをたっぷりとつけてお手入れをしたくなるかもしれませんが、これにも注意が必要です。お肌によいと思って、丁寧にお手入れをしたつもりが、かえってしわを増やす結果になってしまうことさえあるのです。その原因となるのが、就寝時の姿勢にあります。

 

就寝時、常に仰向けの姿勢を保っているのであれば、それほど問題はないのでしょうが、多くの場合には、横を向いたり、うつぶせの姿勢をとったりするものです。そうすると、本人も気が付かないうちに、しわができてしまいます。特に、目元の皮膚はティッシュペーパーほどの薄さですから、そこにたっぷりとクリームが塗られた状態であれば、そのティッシュペーパーがよれてしまうようが事態が肌にも起こるということです。

 

また、お手入れを念入りにしようと思うあまり、逆効果になってしまうケースは他にもあります。特に、普段から肌が弱い、敏感肌だと自覚しているような人は、要注意です。最近では、美白効果が期待できるような化粧水なども数多く登場していますが、その中には、肌に比較的強い刺激があるものも多いようです。

 

敏感肌の人が、美白をしたいと思った際に、このような商品を使ってしまうと、肌荒れを起こしてしまうケースも少なくないので、注意が必要です。同じ顔の皮膚でも、人によって、かぶれやすい部位というのは、異なってきますが、一般的に、目の周りは他に比べてかぶれやすいともいえます。

 

さらに、使い始めて、数日は問題なく過ごせている場合でも、しだいに肌がかゆくなってくるケースもあります。そのようなときには、そのまま使い続けてしまうと、かぶれを起こすことになりますので、できるだけはやく、かゆみの原因となる化粧品を使用することを中止する必要があります。目元は印象にも影響を及ぼすので注意したいものです。